ロレックス・サブマリーナーは、前世紀に登場した最も重要なスポーツウォッチひとつであり、これまでに作成された時計中で最も象徴的な作品ひとつであることは間違いない。先週、サブマリーナ2020年バージョンが発表されましたが、相変わらずそ進化は目に見えないもです。

ロレックススーパーコピー時計は通常、新しいモデルを徐々に発表していく傾向があるため、こ発表プロセスは例年に比べて少し変わったもとなっています。ブランドが直接アップデートしたはサブマリーナーコレクション全体で、カレンダーゴースト(スチール、ホワイトゴールド、ゴールド、スチール、イエローゴールド)シリーズや、カレンダーゴーストない唯一無二モデルなどがあります。まさにプロためダイバーズウォッチと言えるでしょう。我々は以前記事で述べたように、反復は、任意ブランド時計コピーコレクションため避けられないプロセスですが、長年にわたり、そデザイン言語が暗黙規範となっているように、サブマリーナデザイン哲学は、あまり変更されていません。

初期サブマリーナとそれ以降モデルは、大幅に時計人気を高めた共通いくつか機能を共有しています。今日ロレックスサブマリーナは、もはや言葉純粋な意味でただダイビング時計ではありませんが、それは崇められているオブジェクト、デザインシンボル、収集領域を超えて行く投資となっています。だから、それは300メートルに防水であるにもかかわらず、これは現在文脈ではあまり重要ではありません。